1-2.衣食住: マレーシアの砂糖:Gula Melaka("グラマラッカ"とよく表記されてるようですが、"グラ・ムラカ"というのが近い)

マレーシアの砂糖:Gula Melaka
マレーシアはマラッカ(Melaka)の特産ともいえる、ココナッツから作った砂糖が所謂"グラマラッカ"です。
マラッカという地名は、あえてカナ書きすると"ムラカ"と言う方が実際の発音に近いと思います。

それはともかく、Gulaです。マレーシア語で「砂糖」です。
マレーシアやシンガポールでもよく供される、有名な「チェンドル」というデザートの底の方に入っているものです。(個人的にはチェンドルはそれほど好きではないのですが・・・)

どうも「グラマラッカ」という名前そのもののデザートが日本にあるようですが、ただ砂糖が出てくるだけなのか? と訝ってしまいます。なにかプリンのようなものに黒糖をかけたお菓子らしいが。

さて、グラ・ムラカは、直径4cmほど、長さ5cmほどの円柱形に固められた状態のものが4本程度、袋詰めされて売られています。マラッカの街中のKEDAIではまあどこでも手に入ります。いろいろ見て安いところを探して買ってきます。
これを一本あたり100ccくらいの水で、弱火にかけて温めながら溶きます。琺瑯に溶いておいていつでも使えるようにしておくと便利です。気温の高い夏はいいですが、日本の冬場は温度が下がるので、溶いたGulaがまた固まったりします。ときどきスプーンで少し水を足しながら火にかけて溶かします。

これだけだと単なる砂糖、それもココ椰子成分なのでかなりフルーティな感じです。好みですが、これをコーヒーや紅茶には入れないほうがよいかと思います。かき氷にはとても合います。自宅ではプレーンヨーグルトに混ぜたりしています。タピオカが好きな人は、これにかけるのも良いでしょう。

というわけで、暑くなってマレーシアのことを思い出して記録しておいた次第。。