3-4.写真記録 :廃物

昔に比べて、「廃棄物」が街に放棄されていることが少なくなったように思います。小さいころは廃車のバスとか大きな廃棄物で遊んだりした憶えもありますが、今は危険だからとかなんとか言われるのでしょう。
もちろん、放射性廃棄物なんて危険極まりないので、この措置をどうにかできないうちに原発をどんどん動かすのも問題なわけです。

役に立たなくなったもの、使われなくなって捨てられたものは廃品とか廃物とか言われますが、このレベルならときどき見かけます。して見かけると撮ります。でも廃物を写した写真も廃物のようなものでしょうか、プリントして部屋に飾るのも気が引けるし、どうすることもできません。

写真記録 :廃物
写真記録 :廃物
写真記録 :廃物
でも廃物を見ると誰がどんなふうにこれを使い生活していたのか気になります。家を壊した空き地に何故テレビだけが残されているのか、海辺に残された銀のイルカ(?)は誰を待っているのか・・・。