1-3.木工:槍の作り方 ~木製の中国武術練習用武器

いわば「実用木工シリーズ」ですが、ちょっと木工を離れて?、槍の作り方です。

槍、といってももちろんこれも中国武術の練習用。穂先は金属ではなく木材で成形します。金属だとそのへんの公園で練習できませんから。
穂先を成形する以外はたいした加工の必要がないので、設計図はざっとで構いません。
槍の棍棒は、中国武術の武器通販で購入し、その先に成形した穂先をつけます。これで完成です。

<<作り方>>
・穂先の設計はまあ自由です。今回は八卦掌で使う槍術というわけで、少林拳の槍より穂先は少し大きめ。
槍全体の長さもちょっと長めかもしれません。形は簡単でかまいませんね。
・端材の板材に、墨付けして穂先を切り出します。切り出しナイフとサンダーで整えます。

・棍棒のほうは、精密ノコギりで先端に少し切り目を入れて、切欠きます。
・棍棒の切欠きに木工用ボンドをつけて槍の穂先をはめ込み、横から短いネジを打ち込みます。ダボを打って加締めのようにしてもいいです。

八卦戦身槍
・切り出しナイフやサンダーで継ぎ目の形を整えて、穂先にオイルを当てて完成。

八卦戦身槍の袋、カバー
・それから、ありあわせの布で槍の持ち歩き用にストラップ付きの袋も作りました。
長器械ケースというのは通販などでよく売っていますが、作ればタダです。

けれどミシンを充分に使いこなせないため、槍の木材加工より袋のほうが時間がかかってしまいました・・・。なぜか下糸がくしゃくしゃになることが多く、失敗すると糸をほどくのに時間がかかり大変です。でも終盤は下糸のセットもうまくなり、失敗することもなくなってきました。でもストラップの上方部分はつけ方を間違ってしまいました・・・。

八卦刀も作っています
八卦鶏爪鴛鴦鉞も作っています
この槍の套路(型)の動画(私が学んだ八卦掌)