1-2.衣食住: マレーシアの珈琲 ~ 屋台のKopi

マレーシアの珈琲のお話。屋台で飲むkopi。

ミルク砂糖入りのkopi susuが旨い。食堂や屋台(ホーカーズ)では多くの人が食事をしながら飲んでいる。
ベトナム珈琲とも違う甘さ、濃さです。hot、ais、両方ありますが、暑い屋外で飲むならアイスaisが良い。

ある程度の歳になると、座ってまず注文する飲み物というのはたいがい決まってきますが、そういう意味では夕食なら(昼も結構飲んじゃいますけど)まずビールです。で、マレーシアの屋台やホーカーズでの朝飯や昼飯ならまずkopi susuです。kopiにもブラックのkopi o、砂糖も抜いたkopi o kosongなどもあり、お茶(teh)やソフトドリンクなどたくさん種類ありますが、もう座ったらまずkopi susuです。そのくらい好きです。

店やホーカーズによって結構味が違うのも面白い。個人的な勝手な印象ですけど、ちょっと小奇麗なKAFEで飲むのはわりと薄くて、コーヒー豆の味があまり出ていないようだけど、屋台やホーカーズ、地元の食堂といったところでは、色も珈琲の味も濃く、こっちのほうが断然好みです。ミルクの質の違いかもしれません。

マレーシアの珈琲 ~ 屋台のKopi