3-3.マレーシア: クアラルンプール(Kuala Lumpur) FILM写真

マレーシアの首都、クアラ・ルンプール(Kuala Lumpur)。その二。
2005年の写真で、カメラはおそらくペンタックスの一眼レフをちゃんと持って行って撮ったと思います。まあカメラは何でもいいわけで(Nikonは愛用してますが)、何を撮るかが大事です。
でもとくに外国の街中でのスナップはちょっと気を遣います。うまく撮れません。

このときはペナンにしばし滞在の後クアラルンプールに戻ってきて、例によって目的もなくぶらぶら歩いていたわけです。ペナンが主だったので、KLは二泊ほど。仕事も忙しかった時期で、夏休みを利用した短い旅なんですが日頃の疲れに加えKLに着いてから腹をこわし、それゆえか、ずいぶんボヤっとしていたようです。チャイナタウンに泊まりましたが、有名なアロー通りの屋台街に行こうと思いつつもたどり着けず、BATU洞窟にも行ってみたいと思っていたはずが面倒になったのか遠出せず(のちにたどり着きます)、チャイナタウンあたりを中心にぶらぶらして何かを食べて、とそれだけのようでした。
だから写真もちょっと浮ついています。まあ私自身いつも浮ついているんですけど、なにかこう、定まらずといった感じでシャッターを押しています。



※別稿
3-3.クアラルンプール(Kuala Lumpur) フォトエッセイ?
3-3.クアラルンプール