1-3.木工:携帯電話スタンド

携帯電話というか実際私のはPHSですが、そんなことはともかく、実用木工シリーズの端材利用工作シリーズです。電話機のスタンドを作っています。

材料は材木屋で売っていた杉の端材の残り。電話機が縦型で、そのまま机上に転がしておくと邪魔なので立てるためのスタンドを作りました。
端材を十字型に組み合わせて立てると傾斜ができます。そこに電話機を置きます。充電コードを通せるようにしてあります。


携帯電話スタンド<<作り方>>
・設計はまあ簡単でいいです。電話機のサイズと、充電コードの位置を考慮して完成図を描きます。
このシリーズでは常に「設計が大切」と言っていますがその前にほんとは完成図のイラストを描いておくのがだいじです。


・立板の下の方の両脇に、凹型に切り込みを入れておきます。
・台の板は、コの字に切ります。
・そしてコの字の横棒を立板の切り込みにはまるようにします。
・前面にはこれまた余っていたベニヤ板を釘打ちします。







・ひっくり返して見たところ。
コの字の間からコードが伸びて、立板底面のU字の下を通すようにしてあります。