1-3. 木工:八卦鶏爪鴛鴦鉞~木製の中国武術練習用武器

「鉞」という武器はいろいろな種類があるようですが、作ったのは鴛鴦鉞というもので、鶏爪とついていますが槍の穂先の形をしています。これに、月牙と呼ばれる三日月型の刃がついていて、槍の穂先でも、この月牙部分でも攻撃、防御をします。
これをフェイクとはいえ金属製のもので公園などで練習するとやはり物騒なので、「実用木工シリーズ」ですから、木製で自作です。


鴛鴦鉞は微妙なバランス調整や重さなどこだわりがないため、八卦刀と違って形と大きさだけを再現する工作レベルで済むので割合簡単です。極端な話、厚紙でもいいですし、アクリルとかプラスティックとかを加工できる環境があるならそのほうが簡単かもしれません。
今回は木製というわけで、檜の10mm厚の板を使っています。最近知って驚いたのですが、今は100円ショップで
も板材を売っているので、ここでMDFなどを買ってくりぬいて作るともっと安くて簡単でしょう。

<<作り方>>
(1)設計
今回は、金属製のフェイクをもとに大きさ・形を決めて、このとおりに作ります
材料を最小限にするため、一枚板をくり抜くのではなく槍、月牙部分をそれぞれ切り出し接合する方法にします。
八卦鶏爪鴛鴦鉞

(2)木材の墨付けと切り出し
木取りをして墨付けし、部材を切り出します。槍部分は精密ノコで細かく切り取ってからナイフで整形し、月牙は引き回しノコかジグソーで切ります。握り部分には、月牙の足を接合するためのを溝を作っておきます。

(2)組み立て
槍部分と月牙を接合します。足をつけて、木工用ボンドで接着、ハタガネで押さえて一晩放置。
接合部分は、細い木ねじを打って補強します。
次に、握りの部分に厚みをつけるための板を貼り合わせ、一晩放置。

(3)研削・調整
あとは面取り、やすり掛けして整えて完成です。
グリップにテープを巻いてもいいですし、オイル仕上げをしてもいいです。


木製八卦鶏爪鴛鴦鉞

八卦刀も製作しています。